chip of wood

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

EN

 僕は仕事を辞め収入が失くなったため携帯電話を停止させた。パソコンからログインしていたLineも電話番号認証ができなくなったため使えなくなった。いま、僕が持っている連絡手段はスカイプとgmailだけだ。その2つに登録されていない人とは連絡が取れなくなったということになる。住所が分かれば尋ねられるし手紙も送れる。でも僕の住所を知っている人も僕が住所を知っている人もいないに等しい。
 不意に不思議な感覚に陥る。
 彼らといま僕は連絡ができない。僕はいま、彼らと繋がっていない。では僕を彼らと繋がっていられたのはLineと携帯電話だったのだろうか?僕は何らかの別の手段を講じてまで彼らと連絡を取ろうとするだろうか?彼らはどうだろうか?
 「いつだって連絡は取れる」その事実が僕の他者との関係構築を薄っぺらいものにしたのだろうか?つだって連絡が取れる状態でなくなったその時に終わる程度の関係しか築けていなかったのだろうか?

 だがそんな疑いを晴らすように、僕がこれから何年も、誰とも連絡を取らず、社会から半ば隔絶されたとしても、いつか必ずなんとかして連絡を取るであろう三人が浮かび上がった。

 そのうちの一人に至っては本当に僕には消息不明でいまどこで何をしているのか分からない。
 彼女と僕はたまにイベントで顔を合わせるくらいで、お茶を飲みに行く約束も、お花見に行く約束も果たせないままだ。
 僕は彼女の描く絵が大好きだった。僕は自分の作り出した物語に望みどおりに誰にでも絵をつけてもらえるよと言われたのなら彼女の名前をあげるだろう。
 彼女の絵は本物だった。「本物とはなんだ?」と言われても僕にはまだ答えられない。ただ、僕は古い絵本や美術史の書物の中で見出すものと同じものを彼女の絵の中に見出したのだ。だから彼女ともう一度何かを作りたいと僕は願う。彼女の絵を始めて見た時からそれは変わらない願い。
 だから、彼女の存在がどうしても必要だと思ったその時には、僕は何が何でも連絡を取るのであろう。

 それならば、いまどれだけ他者との連絡手段を失い、どれだけ友人たちとの記憶から薄れていってもそれほど問題ではないのだ。
 ただ、寂しいという気持ちに耐えるのが少々苦痛なだけだ。

スポンサーサイト

PageTop

真夜中の音楽会

 不便さ不自由さというものは、時として我々に様々な出会いや恩恵をもたらしてくれる。クーラーのリモコンを無くして以来、僕の部屋は夏がくる度に熱気が渦巻く耐え難い住環境になってしまったが、5年が経過したいま、一つの恩恵をもたらそうとしていた。
 東京は連日の熱帯夜、眠りにつくのが困難なほどの暑さだった。僕は寝るのを諦めて家を出ることにした。無職でお金が無い故に冷蔵庫で涼んでいた麦茶を水筒へと移し替えリュックに詰め込んだ。
 その時、不意に思いついたのだ。「Tabletを使えば公園の薄明かりの中でも本が読める」ということに。僕は無料の青空文庫から幾つかの小説をKindleでダウンロードしてこれまたリュックの中へと仕舞い込んだ。
 夜中の公園でずっとTabletを見つめ続けている不審者がいると近所の噂になってしまうと困るので(たださえ無職でずっと家に居るから近所の噂になっているに違いないのだから)自転車を少し走らせジブリの森美術館の裏の公園に行くことにした。あそこは夜でもすごく雰囲気がいいし綺麗なところだ。
 外は僅かながら風もあって部屋よりもずっと涼しい。軽快に自転車を走らせ10分もかからずジブリへとたどり着く。そうです。僕は生粋の三鷹市民です。
 しかし、公園に入り耳に飛び込んできたのは軽快なドラムの音。「どういうこと?もう0時廻ってるけど」ワクワクしながら音の方へ向けてペダルをこぐこぐ。
 いました。ジブリの森美術館を抜けて公園に入りすぐのところ、屋根の下にベンチが並ぶちょっとしたスペースにドラムセット、アンプが並んでる。構成はベース、ギター、ドラムのようだ。音から判断するにどうやらフュージョンバンドのようだ、目を向けるとがっつり視線が交錯した。あちらさんは苦情を言われそうで心配なんだろう、こちらを伺うような目線だった。そのまま、さり気ない風を装い通り過ぎ彼らか見えなくるちょっと先を曲がったところで自転車を止めベンチに座る。
 あからさまに練習中と言った感じで、個々の完成度も、全体の呼吸も不揃いだが、決して不快ではない音。スイングする低音、手数の多いドラム、エッジの効いたギター。うんうん。悪くない。とてもよいBGMだ。目線を背後に向ければ人気のないジブリの森美術館。
 Tabletを取り出してKindleを起動しエドガー・アラン・ポーの盗まれた手紙を読みすすめる。気取って古典読んでるわけじゃなく青空文庫には著作権が切れた古典しか無いし、現状無職だから無料の青空文庫以外をダウンロードする余裕はないのだ。
 しかし、それでもなんだか出来過ぎな気がする。生演奏によるフュージョンのBGMと夜のジブリ、そして、僕の手元にはエドガー・アラン・ポー。なんだこれ。よく考えたらおかしいぞこれ。僅かながらの違和感を残しつつも心地よい環境は快適な読書の時間をもたらしてくる。
 くれていたのだが、不意に、フュージョンボーイズたちとは違う方向からやや調子っぱずれのギター語り弾きが聴こえてきた。「えっ!ここってこういう場所だったの!夜の音楽練習場なの!?」BGMには一切適さない自己主張の激しい歌声が多少耳につくものの暖かい心で受け入れ僕は読書を続けた。
 滞りなく(といっても登場人物たちの教養レベルが高すぎる難解な文章を苦労して読み解きながら)一冊を読み終えた僕はTabletを閉じベンチを後にし自転車にまたがった。帰り際に意図的にフュージョンボーイズたちの目の前を通り過ぎ彼らに感謝とエールの念を送った後、心地よい夏の風に乗りながら、三鷹の街をちょっと遠回りしながら家路へとついた。
 

PageTop

物語は

 物語は僕たちの心を動かす。
 脈打つ心は鼓動となり僕たちの体を動かす。
 世界の隅っこで始まった小さな一歩は長い距離を歩き続ければやがて道となるだろう。

PageTop

ad astra per aspera

 かつてボイジャーは宇宙の何処かにいるであろう人類の隣人へ向けて飛びだった。一枚のレコードにはじめましての挨拶と我々の自己紹介を載せて。
 我々は夢を見ていたのだ。我々人類はかつて夢を見ていたのだ。
 ーad astra per asperaー 「困難を貫き天空の彼方へ」
 

 もし宇宙の何処かに隣人がいるのなら我々を嘲笑ってくれるだろうか?
 重力に縛られ、ぐるぐると同じところを回り続け、夜空を見上げることも出来なくなってしまった我々を笑い飛ばしてくれるだろうか?

PageTop

そのとき街は0時を廻った

 その言葉を聞くのが怖くてずっと逃げ続けたのに、とうとう彼に捕まってしまった。そして、案の定、手渡されたのは「またね」のない「さようなら」 
 電車は動かなくなったわたしの心を終着駅まで運び続けた。駅員は告げる「この列車は車庫に入りますので引き続き御乗車にはなれません」
 続けられないのか。それはショックだ。とってもとってもショックだ。でも車庫には入りたくはない。車庫はきっと真っ暗だ。わたしは閉所恐怖症なのだ。誰かが手を握っててくれないと闇の中では一歩も動けない。
 だから、降りよう。降りて歩き出そう。とりあえず歩こう。暗闇の中でいつも手を握ってくれた彼はもういないからなるべく明るい道を歩こう。歩かないと、歩いて誰かの手をまた握らないと。
 階段へと向かう人々の中で立ち止まったままの女性が一人いる。彼氏を待っているのだろうか?
 思えばわたしは待つのが苦手だ。そして、何かを求めてばかりだ。彼氏ができるとすぐに調子に乗るし、自信が出てくるのか我儘になってしまう。終いには彼氏だけでなくあらゆる人を振り回すのだ。誰かを傷つけていたことに気がつく頃にはもう手遅れで、そしたら、今度はそのことからひたすら逃げ続ける。
 すれ違いざまにちらりと彼女を見てみる。すると彼女は微笑みかけるように腕時計の針を見つめていた。振り返ると彼女はすれ違った時とまだ同じまま、まるで大切な誰かを待つこの時間さえもを愛おしむように、まつ毛を伏せ時計の針を追い続けていた。
 「...ちくしょー」
 ため息のように声が漏れた。
 わたしは気がついた。彼女は間違いなく恋愛をしているのだ。そして、わたしは恋しかしたことがなかったのだ。彼女のあの笑顔、あれは愛だ。わたしには分かる。なぜならわたしはあんな笑顔をしたことがないとはっきりと言いきれるからだ。
 悔しくて悔しくてわたしは地面を踏みつけるように歩き出した。階段を一段飛ばしで登っていく。「また恋をしてやる。そして、愛してやる。次は恋愛をしてやるんだ」わたしは心の中で強く決意した
 そのとき


 心が震えて怖気づいた夜にはここで彼を待つ。すると不思議と優しい気持ちがどこからか湧いてきて、次第に行き交う人達の中に笑顔を探すようになる。その笑顔の先に誰が待っているのかを想像してわたしも笑顔になる。
 彼が罪を犯したあの日から、その人生が罪を償い続けるためだけのものになるなんてこと絶対にないんだってわたしは願っている。彼が自分を許して、いつか笑顔で帰ってこれる日が来ることを願ってる。
 確信を持てるほどわたしは世界を知っているわけではないし、自信が持てるほどわたしは強くないから、唯々、願っている。
 腕時計の針を見つめる。彼がくれたこの時計の時間は彼と同じ時間を刻んでいて、だから、この左手と彼の鼓動は繋がっているんだ。そんなこと、誰にも言ったことはないんだけど、そう、わたしは願っている。
 もう日付も変わろうとしている深夜。なのに女の子が一人、悠然と列車から降りてくる。ふわふわとカールした黒髪とスラリと長い手足。レースの白いワンピースに、フランスパンみたいにつま先がまるまった茶色い革靴。そして、小さな青い宝石が付いたシルバーのネックレス。物語の中から抜け出して来たような不思議な女の子だった。
 ホームに降り立つと彼女は電車を見送り、そして、そのくりっとした瞳を夜空へと向け、優しく微笑んだ。わたしもつられて空を仰ぐ。するとふいに、夜空に流れ星がまたたいて消えた。
 彼女は円を描くように綺麗に振り向くと、息を呑むわたしに頭を下げた。そして、わたしの目を見て綺麗に微笑みかけたあと悠然と歩き去っていった。その表情は、目を輝かせて宝石箱を開く少女のようだけど、生まれたばかりの愛しい我が子を見る母親のように優しくて、中学生か高校生くらいにしか見えない彼女がそんな表情をするものだから、なんだか可笑しくてわたしはくすりと笑ってしまった。
 「ありがとう」
 何故かわたしの口は独りでにそんな言葉をもらしていた
 そのとき


 電車から降りると涼しい風が私の足元を駆け抜けた。その中にある花の香りを便りに彼女を見つけ出す。彼女は今日も独り願い続けている。私はそのことを愛おしく思う。
 彼女が胸の奥でずっと綴り続けてきた宛名のない手紙。
 それは空を廻り今夜ここへと帰ってきた。
 
 今日と明日、昨日と今日。時の静寂にそれは訪れる。
 それを彼女に知らせたくて私はここにいる。
 夜空を見上げる。宇宙が広がる。
 愛を仰ぐ。
 そこには時間と空間を超えて廻り続ける光


 そのとき
 街は0時を廻った。




PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。