chip of wood

生きるための音楽

スポンサーサイト

PageTop

無から生まれたのは始まりだけ

 さて、君がもし誰かを愛したとしよう。それは男性でも女性でも良いしおじいさんでもおばあさんでもほんと、なんだっていいんだ。むしろ人間じゃなくたって、絵でも、本でも、歌でも、花だって、狐だって、風景だって、洋服だってすれ違った見知らぬ誰かの笑顔だってほんとになんだっていいのさ。
 僕が聞きたいのは何かを愛したその時、あなたの愛は何処まで広がっていくのかってこと。
 その絵に引き寄せられたあなたの心とその絵を描きだした描き手の心を愛せるのか。その本を綴った人の情熱とその物語を世に出そうと苦心した誰かのことを愛せるのか。
 その歌と出会えた偶然とその歌を奏でるその声を愛せるのか。その狐と心を通わせることが出来た幸福と人間が孤独ではないという歓喜を愛せるのか。
 その風景へと導いた見えない力とその風景を形作った長い時間を愛せるのか。その洋服との出会いとその洋服を紡ぎ出した多くの人々の熱意を愛せるのか。
 その笑顔を君の目が捉えた偶然をその笑顔を作り出したその人の輝く日常を想像し愛せるのか。

 僕たちの目の前で起こる様々な奇跡は無から生まれたわけじゃない。それこそ果てしない時間をかけ、幾重にも絡まり合い積み重なった何かがーすべてがーこの瞬間を作り出している。
 無から生まれたのは宇宙だけだ。宇宙の中で起こる全ては何かの続きとしてここにある。
 僕たちの目の前で起こる様々な奇跡は宇宙が生まれたという奇跡の続きだ。
 そして、僕たちの日常のすべてはこれから起こる軌跡へとつながっている。

 憎むべきは眼の前にいる誰かか、眼の前にいる誰かを形作った何かか。
 変えるべきは目の前にある組織か、この組織を作りした社会か。
 その社会を作り出した国家なのか、その国家を作り出した人々か。
 いまを生きる人々の形へと列なる、今日へと至る人類の歴史か。
 人を作りし神か、それとも神無き世界を作り出した始まりの無か。
 

 
 さて、君がもし明日死んだとして。それが不幸だったのか幸福だったのか、あなたの人生にどんな意味があったのか。
 その答えがでることはない。あなたの死は途中でしか無いから。
 奇跡が起こり宇宙が消滅したら、その時に答え合わせがようやく出来る。

PageTop

恙無い一日

 僕を苦しめているのは際限なく何処までも強く清らかであろうという僕自身の意志だ。
 僕を追い詰めているのはきっと僕自身で、誰かが僕を責めているわけではないのだ。
 僕は僕に許されるために懺悔を繰り返し罪を償い続けている。
 僕は僕自身に監視されながら日々を過ごしている。
 僕は僕から逃れられない。湧き上がるのは自分への殺意だ。
 この、理不尽に僕を追い詰める僕という存在との戦いは終わることはないのだろうか?


 なんて風なことを思うのだけど、それは単にいま風邪を引いていて、体力が落ちているから気持ちも落ち込んでいて、大切な人に風邪であることを告げていないということがなんだか僕の中で気がかりで、それが何故伝えられないのか考えていたらまた疲れてきて電車の中でうとうとと眠っていたんだ。
 ウイルスとの戦いで少し熱くなった体とふわふわとぼ~っとする頭はなんだかそれはそれで心地良くもある。
 家に帰りギターを弾いて歌ってみたら咳ばかりしていた喉はそれでも歌を楽しく口ずさむ。手もいつもどおり動いてメロディーを弾く。
 ギターを弾くのに疲れてなんとなくインターネットでAVを見てみたら、性欲が湧いてきて、性欲が湧いてきた自分に失望し、怒りを覚えた。そしたらなんだか絶望感がやって来たのだ。


 そして、こうして、いま、そんな想いを言葉にして吐き出す。外へと放り出された絶望感はなんだかちっぽけな靄になってすぐに消えた。
 付けたままだったマフラーを取る。するとたちまちのうちに涼しくて心地よい空気が僕の首元に寄り添う。
 穏やかで軽やかな気持ちが僕を満たしこうして無事に今日という日は恙無い一日となったのだ。
 
 今日も僕は大切な人へ想いを乗せたメールを打つのだ。

PageTop

Today's my headline

 誰かの心を守ることが、自分の心を守ることに繋がるなんて当たり前のことに今まで気が付かなかった。名前も知らない、たまたま目の前にいた誰かを守ることが、僕の心を守ることになるんだ。
 自分だけを守っていても、僕の心はどんどんボロボロになってしまうんだ。
 僕たちが大切にしたいのは組織じゃない。一人一人の人間なんだ。

 組織に逆らって、少しみんなを困らせてもしまったけど、なんだか鏡で見た自分の顔はいつもよりも良い顔をしているように感じたんだ。そして、いまさっき弾いたギターの音色がすごくまっすぐに澄んでいたから今日はこれを正解としよう!

PageTop