chip of wood

 到達点から見える景色は次に目指す到達点へ進むためのきっかけになり、到達点にたどり着いた時、以前見たあの景色が今日という日へ至るきっかけだったのだと確信する。前に進むことで過去は特別なものになる。特別な過去は前に進むための力になる。
 始まりは終わり。終わりは始まり。そして、いつか僕が見てきた素晴らしい景色たちを誰かに手渡し物語の続きを描いてもらうのだ。それを遥か遥か彼方、空の上から僕は微笑みながら見守るのだ。
 さぁ無限の連鎖の中へ。

スポンサーサイト

PageTop

僕の音の中には少しあなたの血が流れているなんて誰も信じてくれないでしょうか?

 何から語れば良いのかわからないし、どう説明したらいいものか、僕にはまだ分からないのだけど、いま拙くてもいいから形に残したいので聞いてください。

 僕には一人の友がいた。彼と今でも友かと聞かれれば、僕はたちまち言葉を失ってしまうだろう。でも、それでも、僕たちは少なくとも再び友として一緒に泣き笑い、何かに挑む日々を夢見て、怯えながらその手を伸ばそうとお互いにしているに違いない。

 僕には言葉があった。彼には音があった。だから二人で歌を作った。
 彼の音の世界に耳を傾け、そっとそこにお邪魔して、旅をして、そして、そこで僕は物語を描いた。
 それはやがて言葉となる。そして、その言葉に彼はメロディーを付けてくれた。
 
 僕はずっと彼の音の中で過ごしてきた。彼の音は子守唄のようで、放課後の教室で一人、遠くから聞こえてくる音に耳を傾け続けているような安らぎがあった。

 でも僕たちは徐々に夢から冷めていった。放課後に終わりが訪れるように、いつまでも子守唄を聴きながら眠ることが許されないように、僕たちが僕たちのままで生きていくことも許されることはなかった。

 夢から覚めた僕は現実の中で何が現実かも分からないままさまよい続けた。過ちを繰り返し、それでも言葉を吐き続け、言葉によって誰かを傷つけ、言葉によって誰かを癒やし、言葉の力で誰かを殺そうとし、言葉の力で誰かを救おうとした。
 
 夏が終わる頃だった。その時、僕は言葉によって人の心を殺そうとして失敗したあとだった。
 彼は故郷の帰省に誘う仲間たちの一人として僕を選び声を掛けてくれた。僕はすがるようにそれに飛びついた。

 彼の実家は岡山の田舎も田舎、コンビニでさえ、歩いていくことが困難なほどだった。
 僕たちは夜の道路で寝転び星空を仰ぎ、小さな名も知らぬ祠に手を合わせ、池の主の蛙を探し、山の奥から聞こえてくる僕たちの知らない何かの声に驚き、線路の上で遊び、彼の古い記憶を旅して回った。
 僕たちを車で色んな所に連れて行ってくれたのは彼の父だった。優しい目と穏やかな声を持つ、素敵な人だった。その笑顔にはこの地で家族を守り生きてきた証を見て取ることが出来た。お父さんは優しく力強く、それでいて、さり気なくそっと僕たちを包み込んでくれた。

 今日、その笑顔をもう見ることは叶わなくなったのだと知った。
 

 僕は無意識にギターを手に取っていた。今朝、ワンフレーズだけ出来た夏の曲。それを弾こうとしたら、左手は不意に、いままでと違うコード進行を選択し、そして、次々と新しいフレーズが生まれ、あっという間に一つの線を描き出した。
 
 そして、幾つかのフレーズの中で一番優しい音。何処か懐かしい音。これは確かに彼の音だと僕は感じる。
 彼の音は僕の中で形を変え、今でも生きている。彼の音の中には岡山の風景が、父の笑顔が、確かに宿っているに違いない。そして、音を生み出す彼の体を流れる血の半分は父から受け継がれたものだ。
 だから、僕の音の中にはあなたの血が少しだけ、形を変えてほとんどそれと誰にも分からないかもしれないけど、流れているに違いないのです。
 なんて言ったら、あなたは笑って受け入れてくれるでしょうか?


PageTop

クズについて語ろう

 彼女は屑だ。自他ともに認める屑だ。
 僕が出会った女性の中で間違いなく一番有能な存在であり、真実に一番近く、人という生き物を、人の作る組織という生き物を理解しているが屑だ。
 何もせず学生時代を過ごし、働くことを拒絶し生きているが間違いなく彼女は有能な人材だが屑だ。
 他者の気持ちを理解し、他者を尊重するが、ひたすらに屑だ。
 愛され愛される人間こそが優秀であると、そして、愛することの意味を知っているが屑だ。
 何もする気がなく欲だけはある。圧倒的なゴミである。
 彼女が生まれてきたことに理由はなく、生きることにも理由はない。
 真実しか口にしない誰にとっても有益な存在だが屑には変わりはなく、彼女の言葉で人の心は動くが彼女の心が動くことはない。

 あれはなんだ?あれは一体何なんだ?圧倒的な力は何故彼女のような屑に与えられたのか。
 屑だから圧倒的な力を持っているのか。

 分からない。分からない。分かる必要なんて無いのだと彼女は教えてくれた。
 分からなくても出来ることはある。愛することは出来る。
 そんなことを教えてくれた彼女は圧倒的な屑だった。
 
 

PageTop

Mr.Postman

 ちょっといまの自分の感情を乗せられる音楽が見つけられなくて困っています。
 「でもそのうち見つかるさ、それもまたいいさ」
 朝起きてすぐに鳥の鳴き声が聞こえなかったのは起きるのがちょっと遅すぎたからで、僕はちょっと疲れているようで。
 「両手にあまり力が入らないし声帯がうまく震えないなぁ」
 
 疲れている時に歌うべき音楽はあまり多くはないのでしょうか?むしろ疲れている僕に誰か歌を音楽を聞かせて欲しいのです。
 友人が作った歌を聴いたら少しふんわりしました。
 「あいつなにしてるかなぁ」

 「Please Mr.Postman!僕に何か手紙は届いていませんか?それにしてもあなたのお仕事は素敵ですね。誰かの想いを運ぶのですから。いまは電子メールを光が運んでくれますが、やっぱり人の想いは人の手に運ばれるのが素敵だと思うので、僕も手紙を書いてみようと思います。取り敢えず、みんなの住所を聞いて回らないといけませんね」

 Mr.Postman あなたについて谷野守が「いいね!」と言っています。

PageTop

Someday you will be

 君たちに可能性があるということは、僕にも可能性があるということなのかもしれない。
 少なくとも、君たちが僕の言葉に耳を傾け、僕が君たちの言葉に耳を傾け続ける限りは、常にそこに可能性があるのだ。
 
 不意に思ってしまったのだ。早く年を取りたいと。
 君たちの未来が早く見たいと。
 君たちが強く強くその両腕を伸ばし、その手で誰かと触れ合い、そして、心を交わし、その強さが円となりまた誰かに手渡されるその時を、僕は早く見たくて見たくてついつい言葉を手渡し過ぎてしまうのだ。
 そんなことをしたって急には時計の針は進まないのにさ。
 それでもそれでも言葉が止まらないなら、やっぱり歌を作ろうかななんて思った、連勤続きの夜のことでした。

PageTop

おかのうえ

 あの頃、僕たちは毎日のように集まっていた。あるものは絵を描き、あるものは音を作り、あるものはデザインし、あるものは喋り倒し、みんなで鍋を囲い、みなで語り合った。なかには人間じゃない奴もいた。
 僕たちは本を作った。僕たちは歌を作った。
 
 その内の一人がこの世から去った。その内の一人は僕に絶縁を突きつけた。その内の一人はもはや僕の言葉にそれほど興味を持たなくなった。その内の一人は互いのことがあまり分からなくなってしまったが「僕はとうとう作詞だけじゃなく作曲も少しできるようになったんだよ」と報告したら興味を持ってくれた。その内の一人と先日偶然新宿を自転車で走っている時に出会った。車の運転席から笑顔で僕の名前を呼んでくれた(もっともそれはいまでは他人のように感じる昔の僕の名前だけど)そのうちの一人とはもう2年位言葉を交わしていない。そのうちの一人と僕はいまでも同士で、歌を作る仲間のままだ。
 
 彼らはいま何をしているのだろう。窓から外を見てみる。今日は晴れだ。彼らもきっと晴れの中にいる。彼らがいま空を見上げたら青空だ。それくらいしか僕に分からない。
 幸福な日々だった。僕らの作ったものに世間は興味をそれほど示さなかったけど、それに苦しみも嘆きもしたけど、僕達だって世間にそれほど興味がなかったのだと思う。
 僕達が見ていたのは世界そのものではなく別の何かだったに違いない。少なくとも僕自身についてはそうだったような気がする。
 では僕が見ていたものは幻に過ぎなかったかというと決してそんなことはないのだろう。

 こうして振り返ってみても分からないことばかりで、あの日々から得たものなんて、言葉になることはあるけれど、それに対して意味はなく、言葉にならないことにこそ価値が有るのだろう。

 8人の内、7人はまだ生きている。それはまぁ確かだな。人間じゃないあいつに関しては、生きているも死んでいるもなにも、そもそも生まれた瞬間のままで時間が止まっている。

PageTop

宣戦布告

 私は、己の欲望のみを満たすだけの個人主義と戦うことを決意します。
 他者に無関心であり続ける生き方にNOを突き付けます。

 本当のあなたを見つけ出し、それを受け入れ、愛する方法を模索し続けます。
 本当の自分を探しだし、それを愛し、あなたに受け入れてもらう方法を模索し続けます。

 過去に生きた人々の想いを探し続けることを誓います。
 未来に生きる人々に想いを伝え続けることを誓います。

 過去に対して、未来に対して、恥ずべき今があります。
 過去に対して、未来に対して、誇れる今を創造します。
 
 

PageTop