chip of wood

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

音楽と風景

 40mPの曲の中に「向日葵」という曲がある。純粋で透明な愛する人への思いを綴った歌なのだが、この曲を聴く度に僕の瞼の裏には鮮やかな向日葵畑が広がる。出だしのヴァイオリンの心地良いリズムはまるで向日葵が風に揺れているようで、夏の青空と向日葵の黄色の鮮やかなコントラストが焼き付いて離れない。この曲を聴けば冬の寒い日でも僕は夏の青空を鮮明に思い浮かべることが出来る。
 先日、同作者によるアルバム虹色オーケストラに収録されている「春に一番近い場所」を電車の中で聴いていたら鮮やかなイメージが再び僕の中で広がった。
 イントロの可愛い鉄琴の音に小さな瑠璃唐草を思い浮かべ、二番の勢いのあるギターのカッティングで強烈な南風が吹き荒れ春が加速する。サビの後のボーカルの「hay!」の声が呼び込むピアノソロに桜吹雪の中で軽快にスキップをしながら歩く女性の姿を思い浮べ、最後のサビでは草花が咲き乱れる小川に架かる橋、そして、その上を走る列車の姿が浮んだ。その風景に別れの寂しさと新しい生活への期待感を僕は感じたのだ。
 この曲を実写PV付きの動画で見た時は、たいして心に残らなかったし、いつもの40mPだなといった感想以上のものはなかった。虹色オーケストラでは歌手はボーカロイドではなく人間だし、アレンジも変わりオケも全て生演奏で録り直したものだが、それ以上にPVがないということがここまで印象を変えたのではないだろうか?
 映像は受け手の想像の余地を狭め、音の持つ意味を限定してしまう。PVは曲の持つ世界観を広げる手助けにもなれば時として足枷になる時もある。先ほど述べた「向日葵」もアルバムのみに収録されているのでPVは存在しない。だからこそ、僕は自由に曲の保つ意味、風景を想像出来たのではないだろうか?
 ニコニコ動画では華やかなPV付きの動画がもてはやされているようなイメージがあるがそれは音楽の持つ力、可能性を狭めてしまう要因にもなりかねないと思う。
 40mPが別名義でmuzieに上げている楽曲を彼のファンの方々に是非一度聴いてもらいたい。そこには野山を駆け回る少年の姿や幻想的なのに懐かしい不思議な空間、穏やかな時を刻み続ける遠い異国の風景などがはっきりと音に込められている。
http://www.muzie.ne.jp/artist/a023080/
 
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。