chip of wood

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

猫は死なないし死んだとしても100万回生き返る

 猫に会えば僕は頭を下げたり挨拶をしたするし、花を見つければ薫りを嗅いでみる。花は意外と薫りがしないものが多いのだがそれは僕の鼻が悪いからだろうか?蘭と百合は薫りが強い気がするけど気のせいかもしれない。
 僕は猫というものにそれほど興味が無いのだけど、猫がそもそも僕に興味が無い気がするのでそれで互いにバランスが取れているし、概ねいままで出会った猫たちとは割りと上手くやれていると思う。
 犬たちは牙を抜かれた。牙を抜かれたことが幸せか不幸か正しいか正しくないかは分からないが、抜いたではなく抜かれたというところに少し寂しさを感じる。狂犬病は犬の最後の本能の目覚めか?
 そんなことを言うと世間は誤った知識で何をとか言い出すのだろうか?知らん知らん。本当のことばかり追いかけていたら何も楽しくない。バランスだ全てはバランスだ。
 世界の均衡を保つためには程よい勘違いと程よい真実と、程よい嘘と、程よい事実が必要なのだ。バランスを崩すとコケる。人は毎日変わり続けるから毎日毎日、新しい自分に戸惑って転ぶ、転ばない奴は何も変わらないやつか石橋を叩き割る慎重さを持ったやつだけだ。
 日本は科学と宗教のバランスが悪い。宗教とか思想とか、もっと日常に転がってた方が良い。アイドルやアニメで補うのはなんか違う。科学のパチもんはなんだ?錬金術か?むしろ錬金術が科学のパチもんか?
 錬金術の先が科学なら、世界とは何か?命とは何かと考えるのが科学か。人工知能はホムンクルスか。賢者の石はなんだ?
 さぁ過去にダイブだ。さぁ過去にダイブだ。過去はなんだか無限の可能性があって楽しそうだ。
 俺達が失ったものがそこにあるってことは、俺達が知らないものがそこにあるってことだ。いまが変わり果てているのなら過去はフロンティアだ。
 金のために戦争をすること、理想のための戦争すること、罪深いのはどっちだ?過去を見てみよう。僕達とは違う知識体系と思想と文化を持った人々はどう悩み、どう行動し、どんな後悔をしたのか。調べてみよう。
 色々気になることはある気がするけど取り敢えずいまはそれが気になるかな。
 便利になって様々なものを失ったのなら一つづつ捨てて行こう。捨てるだけで取り戻せるのなら簡単だ。
 でも俺、ものが捨てられなくて部屋がすげぇ汚いのだった。
 掃除が苦手だから、部屋が汚くなる度に引っ越してたのって葛飾北斎だっけか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。