chip of wood

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

tomorrow the birds will sing

 ぽつぽつと休日の夜の街を歩いていた。喫茶店や雑貨屋、服屋が並ぶ裏路地は8時を回っても家路へと向かう人々で賑わい、寂しさとは無縁で、一人ぼっちの僕の心を少し上向きにさせてくれる。なんども歩いた道だけど、それでも一ヶ月に一度や二度は新しい何かを提供してくれる。
 
 小さな喫茶店から香ばしいコーヒーの香り。閉店作業中の髭のお兄さんが一人。
 木のテーブルの上に一つのプレート。そこに英語と日本語で一行ずつの文章。
 
     ’’tomorrow the birds will sing’’
  ~明日はきっとなにかいいことがありますよ~

 明らかに道を歩く人に向けられたそのメッセージは憎らしいほどおしゃれでなんだか悔しかった。
 今日、コーヒーの味を確かめたくて足を向けたけど何故か見つけられなかった。ふらふらと気まぐれな夜の僕の足取りはいつの間にかいつもと違う路地を歩いていたのだろうか?
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。