chip of wood

 到達点から見える景色は次に目指す到達点へ進むためのきっかけになり、到達点にたどり着いた時、以前見たあの景色が今日という日へ至るきっかけだったのだと確信する。前に進むことで過去は特別なものになる。特別な過去は前に進むための力になる。
 始まりは終わり。終わりは始まり。そして、いつか僕が見てきた素晴らしい景色たちを誰かに手渡し物語の続きを描いてもらうのだ。それを遥か遥か彼方、空の上から僕は微笑みながら見守るのだ。
 さぁ無限の連鎖の中へ。
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する